Windows 10のアップデートが一時配信中止に ファイルが消えたという報告で

マイクロソフトは最近、Windows 10向けに「October 2018 Update」の配信を開始しましたが、ユーザーがアップデートをインストールした直後、ドキュメントフォルダ内のファイルが削除されたという批判が上がるようになりました。最新のソフトウェアにアップデートした後に、なぜこのようなことが起こったのか誰にも分かりません。個人ファイルを削除するアップデートに関し、マイクロソフトはOctober 2018 Updateの更新を取りやめました。

マイクロソフトでは、Windows Updateによる該当のアップデートを自動配信していません。配信前に問題が浮上していたため、同社はロールアウトを延期した可能性があります。Techdowsによると、ダウンロードサイトからアップデートが削除されているようです。

現在、ダウンロードできる最新バージョンは、古いOctober Updateのみです。同社はサポートページで次のメッセージでを更新しました。

「更新後に一部のファイルが不足しているという一部のレポートを調査するため、Windows 10のOctober 2018 Update(バージョン1809)の公開を一時停止しました」

このバグがどういった過程でアップデートの最終版になったのかわかりません。レポートによると、Windows Insiderベータテスト担当者向けのMicrosoftのFeedback Hubにバグが投稿されていましたが、ごく少数のテスト担当者にしか共有されなかったため、レポートにフラグが立てられず、バグが通り抜けてしまったようです。

その後、ダウンロードサイトでアップデートが利用可能になり、インストールした人が増えたために、より多くのユーザーに影響を与える結果になってしまいました。

編集部が日本向けに翻訳編集したものです

原文はこちら