Googleマップに通勤しやすくなる新機能と音楽再生機能を追加

Googleでは、毎日の通勤をより簡単にするために、いくつかの新機能を導入しました。これにより、毎日の通勤で与えられるストレスレベルを解消するよう、ユーザーが事前に準備できるようになります。その一つとして、音楽コントロールをアプリに追加します。

Googleマップに、通勤という新しいタブが出現し、1回のタップでユーザーの通勤に合わせたリアルタイムの交通情報にアクセスできます。その日が正常に通勤できるのか、事故や交通量が多く余分な時間を費やす可能性があるのか​​をユーザーが確認できるようになります。もし遅れがある場合、マップは代替ルートを案内でき、経路の遅延や混乱に関する通知もAndroidユーザーであれば表示されます。

通勤には、車の運転と公共交通を両方使うユーザーに向けた機能もあります。このアプリは、交通量と次の列車が出発するタイミングについて、スムーズに乗り換えできる有益な情報を提供します。

また、Spotify、Apple Music、Google PlayミュージックをGoogleマップで利用できるようになりました。つまり、ユーザーはGoogleマップのナビゲーション内からストリーミング配信やPodcastをコントロールできるようになります。つまり、Googleマップでナビゲートする際に、アプリケーション間をジャンプする必要がなくなるのです。

これらの新機能は、iOSとAndroidのGoogleマップユーザーに順次展開されます。