新型iPhoneのRAMは4GBと判明

先週、AppleはiPhone XS、XS Max、XRを発表しました。Appleは、iPhoneの発表はシンプルな内容に徹していました。技術的な詳細を知りたいと思っている人は、AppleのWebサイトから自分自身で調べなければなりません。

しかし、Appleが触れていない機能が1つあるとすれば、新しいiPhoneがどれくらいのRAMを詰め込んでいるのかということです。以前の世代には3GBのRAMが搭載されていたため、新しいモデルでも同じかそれ以上のRAMを搭載していてもおかしくはありません。ありがたいことに、最近のGeekbenchスコアによると、2018年のiPhoneは4GBのRAMを搭載するようです。iPhone XRの3GBを除いて。

Appleは、RAMをアップグレードすることを熱望していないようです。多くのユーザーは、RAMの「不足」を理由にAppleのiPhoneを批判し、嘲笑の対象にしていました。2倍のRAMを搭載した他のAndroidスマートフォンと比較すると、iPhoneはアプリ起動は早いものの、バックグラウンドでアプリを立ち上げたままにしておくのは難しいことが分かっています。

Appleは、独自のハードウェアとソフトウェアを設計する際、必要なものをデザインできるという贅沢さを持っています。私たちは、多くのユーザーが6GBまたは8GBのRAMを搭載したiPhoneを見るのが大好きだと確信していますが、今のところAppleは4GBを貫くと思われます。