Appleが「iPhone XS」「iPhone XS Max」を正式発表

AppleのiPhoneは、ストレージ容量を変えた単一モデルとしてスタートしました。しかし、ある時からAppleはiPhoneのラインナップを拡張し始め、2018年にはiPhone XSとXS Maxがラインナップされました。

デザイン

噂やリークはかなり正確で、iPhone XSとXS Maxは5.8インチと6.5インチのOLEDディスプレイを搭載しました。彼らはまた、医療機器グレードのステンレススチール、IP68の防水性能、およびAppleのスマートフォンで最も耐久性があるとする新しいガラスを使用しています。

ディスプレイ

iPhone XsとXs Maxでは、458PPIの画素密度をほこるSuper Retinaディスプレイを採用しています。スマートフォンサイズが異なるため、iPhone XSの解像度は2436×1125、iPhone Xs Maxは2688×1242です。 Appleは120Hzタッチセンシングと、前モデルよりダイナミックレンジが60%以上向上しているといいます。

ハードウェア

昨年のA11 Bionicプロセッサの後継モデルにあたる新しいA12 Bionicプロセッサを採用。 Appleによると、A12は業界初の7nmチップで、 6コアプロセッサ、A11より50%高速なクアッドコアCPU、ニューラルエンジンを搭載しています。A11は、1秒で6000億のニューラルエンジンを動作させていましたが、A12の場合、毎秒5兆回の計算が可能としています。アプリは以前よりも30%速く立ち上げることができるようです。

セキュリティ

セキュリティに関しては、AppleはFace IDに固執しているように見えます。つまり、Touch IDが戻ってくることを期待している人は、それが返ってくることを期待している人には、幻滅するかもしれません。しかし、Face IDは要求どおりに納品されているため、必ずしも悪いことではありません。新しいiPhoneとA12 Bionicでは、高速・安全なセキュリティアルゴリズム「Security Enclove」により、以前より早くFace IDのロック解除されるそうです。

カメラ

カメラでは、iPhone XとXs Maxの両方が、iPhone Xに搭載されているのと同じデュアルカメラ設定になっています。1つは広角レンズ、もう1つは望遠レンズとなっており、それぞれF1.8およびF2.2のF値を実現しています。さらに、両方のレンズにOIS、改善されたフラッシュ、いくつかの新機能が搭載されます。

この新機能の1つは、さまざまな露出で複数の写真を撮影する通常のHDRのように機能するSmart HDR機能です。複数の写真を撮ることでよりスマートに “最高の”写真を選ぶことができます。また、写真を撮った後にボケの量を調整できる新しい編集機能もあります。

価格と在庫状況

どれくらいの費用がかかるのでしょうか。予想どおり、安くはならないでしょう。5.8インチのiPhone XSは、ベース64GBモデルでは999ドル、6.5インチiPhone Xs Maxは64GBモデルで1099ドルで販売されます。予約注文は9月14日から開始され、翌週9月21日に顧客に出荷されます。