2018年は4つ目のiPhoneが登場する? 低価格モデルの可能性

今年4番目のiPhoneモデルが登場する可能性

Appleは、最新で最高の技術をそこまで必要としない人のために、旧モデルをより手頃なiPhoneとしてラインナップしています。この傾向は今年も続くと予想されますが、今回はiPhone 7のリフレッシュ版が登場するかもしれません。

iOS開発者のSteve Troughton-Smith氏(Cult of Mac)によると、iPhone 7によく似たコードリファレンスがiPhone上に作成されていることを突き止めました。問題の端末はコードネームT500で、A10プロセッサー、iPhone 7と同じ画面解像度、同じサイズのRAMを搭載し、iPhone 7のデザインを大部分で維持すると予想されます。これは、AppleがまだiPhone Xのデザインに完全に移行しないことを意味します。

5.8インチと6.5インチのOLEDモデル、6.1インチのLCDモデルに加えて、Appleはコストパフォーマンスを望む顧客にアピールするため、廉価版iPhoneを準備するかもしれません。先述の通り、Appleは一般的に新モデルが発売される時でも、一部の旧モデルをラインナップに残しています。

現在、Appleのラインナップは、フラッグシップモデルのiPhone Xをはじめ、8および8 Plusで構成されていますが、廉価なラインナップの一部としてiPhone 7と6SとSEも残されています。

編集部が日本向けに翻訳編集したものです

原文はこちら