LGのフラッグシップスマホ「V40」はトリプルカメラ搭載か レンダリング画像が流出

流出したLG V40のレンダリングでトリプルカメラであることが明らかになる

LGは9月に今年2つ目のフラグシップスマートフォンを発売する予定です。流出したLG V40の複数のレンダリングイメージから、今後のデバイスに関するいくつかの情報が明らかになっています。これは、LG G7によく似たノッチを持ち、背面にトリプルカメラシステムを搭載しています。

今回のレポートによると、LG V30が約150万台しか出荷できなかったため、同社はLG V40の出荷目標を100万台未満にすると示唆しています。今年初めに登場したフラグシップスマートフォンのLG G7も、期待通りのパフォーマンスを実現できなかったようです。

LGはVシリーズの本格的なアップデートを進めています。ノッチ自体は、黒いバーを表示するオプションを選択することでカモフラージュできるようになっています。形状とサイズはG7に似ており、前面のノッチ部分に2つのカメラ、背面に3つのカメラを搭載しており、トータル5台のカメラを搭載しています。

レポートによると、LG V40はIFA 2018では発表されない可能性があり、同社はこの端末を10月または11月に発売すると予想されています。 LGは今現在、V40については何も言及していません。

編集部が日本向けに翻訳編集したものです

原文はこちら