Leica M10-Pは静音メカニカルシャッター機能を搭載

Leica M10-Pは非常に静かなメカニカルシャッター機能を搭載

昨年、LeicaはM10デジタルレンジファインダーカメラを発表し、1年後に先送りになりました。同社はLeica M10-Pという形でアップデートしていますが、Leicaに準じ、控えめにデザインされています。これは、ほとんど聞こえない新しいメカニカルシャッターシステムによるものです。

Leica M10-Pは非常に静かなメカニカルシャッター機能を搭載
Leica M10-Pは非常に静かなメカニカルシャッター機能を搭載
Leica M10-Pは非常に静かなメカニカルシャッター機能を搭載
Leica M10-Pは非常に静かなメカニカルシャッター機能を搭載
Leica M10-Pは非常に静かなメカニカルシャッター機能を搭載
Leica M10-Pは非常に静かなメカニカルシャッター機能を搭載
Leica M10-Pは非常に静かなメカニカルシャッター機能を搭載
Leica M10-Pは非常に静かなメカニカルシャッター機能を搭載
Leica M10-Pは非常に静かなメカニカルシャッター機能を搭載
Leica M10-Pは非常に静かなメカニカルシャッター機能を搭載
Leica M10-Pは非常に静かなメカニカルシャッター機能を搭載

しかし、全体的なデザインが意識的に控えめに設計されていて、象徴的なライカの赤い点のロゴを避けており、彼らはそこにとどまっていません。 「Leica M10-Pのデザインは、その仕事ぶりのように控えめで邪魔にならず、シンプルにサポートします。カメラの正面にはライカの赤いドットロゴが表示されておらず、天板にライカの文字のみが表示されています。金属製のホットシューカバーは、トッププレートのデザインに調和しながら融合します。」
スペックに関しては、M10-Pは基本的に前作と同じカメラです。これは、写真家が同じフルフレーム24MP CMOSセンサー、Leica Maestro IIイメージプロセッサー、5fps撮影、および100〜50,000のISO範囲を期待できることを意味します。
タッチスクリーンディスプレイを搭載したカメラや、水平面内でも写真を撮るためのレベルゲージを搭載しているなど、若干の違いがあります。
しかし、大部分は昨年と同じカメラになります。 Leicaのカメラで予想されるように、M10-Pは安くはなく、8,000ドルで販売されており、B&H経由での事前予約が可能です。

編集部が日本向けに翻訳編集したものです

原文はこちら