Apple、13インチMacBookを再設計へ

Apple、エントリーレベル13インチMacBookの再設計を余儀なくされる

Apple社のMacBookラインナップのコンピュータは決して手頃な価格ではなく、その最も安いモデルがおそらくMacBook Airでしょう。しかし、アップルはエントリーレベルのモデルとしてMacBook Airにとって代わる、新しいエントリーレベルの13インチMacBookの発売を計画しているという噂があります。

そのノート型パソコンはまだ正式に発売されていませんが、DigiTimesによると、考えられる「遅れ」の理由の1つは、Apple社がそのノート型パソコンを再設計しなければならなかったためです。この報告では、Apple社が第4四半期の2017年の発売を目指したと主張していますが、インテルの次世代チップセットが遅れたため、Apple社はより大きな14nmのKaby Lakeプロセッサを使用しなければなりませんでした。

より大きなチップを使用しなければならなかった結果、Apple社はノート型パソコンの内部構造を再設計して適合させる必要がありました。 Apple社のプレゼンテーションや製品の分解を見たことがあるなら、Apple社は製品の外部のデザインだけでなく、内部の設計方法にも多くの焦点を当てていることが分かります。

これによりApple社は以前よりも多くの機能を内包しながら、その製品をより薄く軽くすることができ、それはチップ設計のわずかな増加でさえ、ノート型パソコンの内部の他の部分にドミノ効果をもたらすことを意味します。このノートパソコンが発表される時期については言及していませんが、新しいiPhoneの翌月、またはその次の月のいずれかになる可能性があります。

編集部が日本向けに翻訳編集したものです

原文はこちら