HTC、スマートフォン製造から撤退か

    HTC社が自社携帯電話の製造から撤退との噂

    HTCが市場で苦境にあえいでいることは周知の事実です。資金と市場シェアで、血を流し続けています。HTC U12+の発売をもってしても、会社の運命を大きく変えることはありませんでした。おそらく、今後のデバイスをODMモデルに移行する可能性があることは驚くことではないでしょう。つまり、スマートフォン自体を製造しなくなるということです。

    HTCは、HTC U12+の後継となるミドルレンジ機、U12 Lifeを開発中だと言われています。この秋にHTC U12 Lifeは発売されるかもしれませんが、同社が製造したものではないかもしれません。過去に何度もHTCに関する正確なリークをしている@LlabTooFeRは、この端末は「ODMだ」と言っています。

    HTCはその端末を設計し、ODM委託先に発注することで、自社の製造設備や従業員を維持する必要はなくなります。この方法は、スマートフォンを販売することがますます困難になっている企業にとって、より経済的だといわれています。

    HTC U12 Lifeは、現状ではODMモデルに移行する唯一の端末だと言われています。もしこれで会社にとって大きなコスト削減が実現できれば、他の端末もOEMにシフトしていく可能性があります。

    編集部が日本向けに翻訳編集したものです

    原文はこちら