Samsung、ついにウェアラブル端末も「Galaxy」へ

SamsungがGalaxy Note 9と共に、新しいスマートウォッチを発表したことに気づいた人がいるかもしれません。同社はこれまでも、ウェアラブルデバイスを提供してきましたが、従来「Gear」と呼ばれていたシリーズを「Galaxy」ブランドの一部にすることに決めました。

Gear S3の後継機はGear S4と呼ばれず、代わりに「Galaxy Watch」と呼ばれています。それにともない、SamsungはGear Companionアプリを「Galaxy Wearable」に改名しています。この新しいアプリでも製品を「Samsung Gear」とは呼ばれなくなり、「Galaxy Wearable」と呼称しています。Google Playストアから無料でダウンロードできます。

このアプリは現在、Android最新バージョンの「Android 9 Pie」もサポートしています。サポート端末は、Gear S3に加えて、Galaxy WatchとGear Fit 2、Gear Fit 2 Pro、Gearです。公開当初はAndroid 9 Pieでウェアラブル端末がスマートフォンと接続できないバグがあったものの、現在は解消されています。

Galaxy Watchは米国で8月24日に、Galaxy Note 9とともにリリースされる予定です。

編集部が日本向けに翻訳編集したものです

原文はこちら