Android Pが正式リリース、今回の愛称は「Pie」

Android P, Android 9 Pieとして正式にリリース

Googleは「Google I/O 2018」で、Android次期バージョンの「Android P」を発表しました。パブリックベータプログラムの提供でバグの修正・機能改良が続けられてきましたが、今回をもって正式にリリースとなりました。

Androidのバージョンは、代々お菓子の名前を愛称としており、A~Oまでアルファベット順で名付けられていました。そして今回の愛称は頭文字「P」。正式名称は「Android 9 Pie」になったんです。

Android 9 Pieは、バッテリーの最適化機能や輝度の最適化など、AIを応用した機能を搭載しています。この機能は、ユーザー習慣を学習することで、設定に自動反映されます。

「アプリアクション」は、前後関係に基づいてユーザーが次にやりたいことを予測して、使うであろうアプリをおすすめ表示してくれます。また、わざわざアプリを開かなくても、簡易的にアプリの機能が通知領域から利用できる「スライス機能」は今秋にリリース予定です。

特に大きな改変は、新しいナビゲーションシステムでしょう。単一のホームボタンを備えており、スワイプするだけで、最近使用したアプリの一覧が表示されます。ほかに、デバイスの長時間利用を抑制する「デジタルウェルビーイング」機能は、今秋以降に発表予定のGoogle Pixel端末で利用可能になる予定です。

現時点でAndroid 9 Pieを利用できるのはGoogleのPixelスマートフォンのみ。EssentialもEssential Phone向けにリリースしており、その他メーカー向けは、もう少し時間がかかりそうです。

引用元:blog.google

編集部が日本向けに翻訳編集したものです

原文はこちら