6.1インチ液晶の廉価版iPhoneは、カメラがデカくなる?

新しい噂の6.1インチiPhoneはより大きいカメラになる模様

2018年モデルのiPhoneは、昨年のiPhone Xのデザインと大差ないと言われています。6.1インチモデルは液晶と言われていますが、こちらも”エッジトゥエッジディスプレイ”と呼ばれる狭額縁のディスプレイを搭載するようです。

一方で、現在出回っている6.1インチモデルの写真を見ると、メインカメラがiPhone 8よりも大きくなっています。Slashleaksが報じた写真を見てみると、確かに大きくなっていますよね。この大きなセンサーが、新しいiPhoneにとってどういう意味を持つのか現時点でわかっていませんが、なんらかの新機能に繋がるなら嬉しいですよね。

ただ、6.1インチモデルは、よく言えば「お手頃価格」、廉価版の位置付けです。コストダウンのために、有機ELを液晶に、3D Touchを排除しています。大きくなったように見えるカメラモジュールも、昨年と同じもの…という最悪のシナリオでなければいいのですが…。現時点で、Appleの発表会は9月11日、12日のどちらかに行われるようです。

編集部が日本向けに翻訳編集したものです

原文はこちら