LINE、7月に仮想通貨取引所を開設

    Line、7月に暗号通貨取引所を開設

    ソーシャルネットワーキングアプリのLINEは、7月にBitBoxと呼ばれる仮想通貨取引所を開始する予定であると正式に発表しました。今年1月の時点ですでにLINEが取引所での仮想通貨の取引に参入する姿勢だと述べていました。しかし制度上の問題があるため、米国と日本は利用できないことも判明しています。

    LINEはメッセージアプリとして旗をあげました。それ以来、音楽配信、タクシー配車、配送、携帯電話による支払いなど、そのサービスはさらに拡大しています。仮想通貨というジャンルもLINEにとっては必然だったかもしれません。
    LINEのBitBox取引所は、Bitcoin、Bitcoin
    Cash、Ethereumなどのビッグネームを含む30種類の通貨取引を扱います。
    選定された通貨は厳密な評価によって決まったとしています。取引手数料は0.1%。
    BitBoxは15の言語で利用できます。米国と日本のユーザーは使うことができません。
    BitBoxは通貨間の取引を容易にするため、不換通貨や従来の通貨を扱うことはできません。つまり、BitBoxではドルでBitcoinを買うことができないということです。ですがBitcoin
    Cashを使いLitecoinを買うことはできます。

    編集部が日本向けに翻訳編集したものです

    原文はこちら