コカ・コーラの最新自販機はスマホ連携で味をミックス!?

コカ・コーラは、世界中の人々が好んで飲む飲料会社です。実は、2009年に「コカ・コーラフリースタイル」と呼ばれるタッチスクリーンソーダ機を発表しているんです。大学のキャンパスやレストランに置かれているこの自販機は、およそ200種類の味にミックスできるんです。

最近、このマシンの次世代機「コカ・コーラフリースタイル9100」が発表されましたが、スマートフォンとBluetoothで連携して、味をミックスできるようになったんです。

コカ・コーラフリースタイルマシンは長年に渡って非常に人気があり、同社はプレスリリースの中で、「5万台以上もの自販機が、世界中で毎日1400万を超える飲料を生産している」と伝えています。

新しいコカ・コーラフリースタイル9100マシンは、顧客が自分の飲み物を混ぜ合わせることができるようにするもので、一味違います。彼らは、Bluetooth経由でマシンに接続するモバイルアプリを使用してそれを行うことができます。アプリで作成するミックスは、そのマシンによってすぐに注がれます。

FreestyleのゼネラルマネージャーであるChris Hellmann氏は、「私たちは、コカ・コーラフリースタイルのプラットフォームが現代的で時代に即したものであることに注力し、顧客が望む飲料をもっと提供し続けていきたいのです。」と述べています。

Hellmann氏は、マシンに内蔵されている機能は、時代に即したものだけでなく、オーディオ機能やオーディオセンサー、お茶や冷たいコーヒーなど、現在利用できない飲み物も提供する新しい機器オプションなどの機能を備えたプラットフォームとして改良したようです。新しいマシンは、来年から米国全土で販売される予定です。日本にも来ないかなぁ。

編集部が日本向けに翻訳編集したものです

原文はこちら