Googleの新作イヤホン「Pixel Buds」はアゴの振動からマイク音質を上げている

Googleが初代Pixel Budsを発表したとき、同社は本格的なワイヤレスイヤホンを提供する準備がまだできていないように感じました。Pixel Budsには両方のイヤホンを接続するケーブルが付属していたからです。しかし、Googleはついにその一線をまたいだようです。

新しいPixel Budsでは、シンプルなデザインを採用し、完全にワイヤレス化しただけでなく、耳の中により安全にフィットするよう設計しました。また、Googleによると、Adaptive Soundなどの新機能によって、イヤホンの音量を環境に応じてリアルタイムに調整できるため、ユーザーが自分で調整し続ける必要がなくなるといいます。

各イヤホンそれぞれに2つのマイクを内蔵しており、一つは自分の声の音に集中し、もう一方はノイズを抑えるため周囲の音を収集しています。また、Googleは、 「音声加速度計」 と呼ばれるものを搭載しており、アゴの骨の振動から音声を検出し、風の強い場所でも声を拾うことができるといいます。

新しいPixel Budsは、タッチ操作機能を備えており、一回の充電で5時間の再生時間をほこります。ワイヤレス充電ケースを使えば合計24時間まで延長可能です。Googleは、新しいPixel Budsの発売時期について、2020年と述べるにとどまっていますが、価格は179ドルを予定しています。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら