常時点灯で使いやすく、バッテリー持ち変わらず18時間の新Apple Watch。4万2800円~で9月20日発売

昨年のApple Watch Series4は、Apple Watchのラインアップに大きな変化をもたらしました。少しデザインを変えて、ディスプレイを大きくて。今年のApple Watchにもデザイン変更を期待していた人はがっかりするかもしれませんが、Apple Watch Series5が大したアップデートではないという意味ではありません。

Appleの発表によれば、(やっと)常時オンのディスプレイをApple Watchに組み込みました。Apple Watchに関心が薄い人のために説明すると、これまでApple Watchのディスプレイはユーザーの手首を下げると自動的にオフになっていました。これは、ディスプレイを見たければ手首を上げなければならないことを意味していたが、常時オンのディスプレイではその一瞬の面倒さをなくしました。

新しいApple Watch Series 5は、動的にリフレッシュできる「LTPOディスプレイ」という聞き慣れないディスプレイを使用。1Hzの低リフレッシュレートから60Hzの高いリフレッシュレート動的に対応できるディスプレイであり、電力効率の向上に役立つと言われています。Appleは効率性について、Series5の常時オンのディスプレイでも、前モデルと同じ18時間のバッテリー持ちを維持できると主張しています。

まあ、実際のところはもっと長いバッテリー寿命を望んでいるんですが、少なくとも落ちなかったことを喜びましょう。常時表示が可能になったことにあわせ、新たにデザインされた文字盤がたくさん登場するようです。例えばエルメスコラボのバージョンでは、しっかりエルメスの文字盤が用意されていたりします。

また、新しいディスプレイ用に最適化された新しいUI変更もいくつかあります。ハードウェアの変更にともない、Appleは新しいコンパスアプリも導入していますし、女性は月経周期の把握もできるようになったようです。

以前の噂通り、Apple Watch Series5は、現行のアルミニウムとステンレスのモデルに加えて、新しいチタンとセラミックのモデルも用意されました。GPS機能付きのApple Watchは4万2800円から、LTEで接続可能なモデルは5万3800円からで、9月20日に発売開始iPhone 11iPhone 11 Pro/Pro Maxも同日。ああ、また財布から諭吉さんが飛んでいく…。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら