【画像あり】アメリカン航空、馬の持ち込みOK

人間を支える動物といえば、一番多いのは犬です。犬は視覚障害者の案内に使われており、また、感情面でも人をサポートし、必要としている人にある程度の感情的なサポートや慰めを与えています。

感情をサポートする動物は犬だけではありませんが、一般的にこれで十分だと思われています。しかし報道によれば、Abrea Hensleyという名前の女性が、アメリカン航空の便に乗って、彼女の心の支えとなる馬を連れてきたようです。もちろん、これはフルサイズの馬ではなく、飛行機に収まる程度の小型馬、ポニーです。

写真は後にInstagramに投稿され、フライトクルーはFlirtyという名前で通っている小さな馬とポーズをとった。Hensleyによると、Flityは故郷でも歓迎されており、馬を連れて映画を見に行ったり、食料品の買い物をしたり、さらには医者に診てもらったりしています。乗組員たちはFlirtyの存在に喜んでいるようだが、Hensleyによると、すべての企業が肯定的に反応したわけではないようです。

彼女は、店から追い出されたり、ひどい扱いを受けたりしたことがあると主張しています。一方でアメリカン航空の関係者は、「訓練された介助犬、猫、ミニチュア馬が障がい者の生活において重要な役割を果たすことを認識している。」と述べた。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら