Apple、サードパーティがiPhoneのバッテリーを取り替えにくいよう変更している

Appleがサードパーティの修理業者について良く思っていないことは周知の事実です。これは、例えばサードパーティの業者がApple公式の手順に従わないために端末にダメージが生じるなど、さまざまな理由があるからです。あるいは、公式供給以外の部品を使われることで本来とは違う端末体験が発生してしまうことも危惧しているのかもしれません。

こうした背景から、最近Appleは、少なくともバッテリーに関しての修理難易度を高くしてきているようです。iFixitのリポートによれば、もしサードパーティの業者でバッテリーを交換した場合、iPhone設定画面のバッテリー項目の下にバッテリー残量ではなく「Service」と表示されるようになるということです。

このメッセージは通常、バッテリーが劣化して交換が必要になったときに表示されるものですが、今回の報告は、新しいバッテリーを付けても表示されてしまうといいます。新しいバッテリーがiPhone純正のものであってもです。

これが意味するのは、もし正式の修理センターに送れば、技術者が修理プロセスを認可し、Serviceという表示を消すことができるということです。iFixitは、「このインジケータは、フォードのディーラーだけがリセットできる“チェックオイルライト”のようなものだ」と指摘しています。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら