ボーイング737 Max、オートパイロット機能にも不具合。早期のフライト再開は困難に?

737MAX; 737; Boeing; 737MAX first flight; air to air; K66500-05

ボーイング社の「737 Max」は、機体に関連した二つの致命的な墜落事故の後、全世界的にフライトを停止したままです。その後の調査で、「MCASシステム」に問題があることが明らかになり、ボーイング社はこの問題に対処してきました。しかし、このジェット機はフライトに戻ることを許可される前に、さらなる調査を受けています。そして報道によると、欧州の規制当局は737Maxの自動操縦に問題があることを発見しました。

Bloombergによると、欧州連合航空安全局は、同社に修正を求めている問題のリストを送付したという。このリストはボーイングと米連邦航空局に送られた。規制当局が飛行機の欧州での再就航を許可する前に、これらの要件を満たさなければならないことになります。

このリストには、最近FAAが強調した、マイクロプロセッサに関連するソフトウェアの問題など、すでに報告されている項目が含まれています。この懸念は先月明らかになり、ボーイングは問題を修正するには9月までかかると述べていた。欧州の規制当局はまた、航空機の自動操縦装置が特定の緊急事態に対応できないことも発見しました。これは、緊急時にパイロットが自動操縦システムから引き継ぎたい場合に問題を引き起こす可能性があるようです。

FAAはこの問題をまだ明らかにしていないため、現時点では、ボーイング社がこの問題に対応するためにさらにどの程度の時間を要するのかは不明です。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら