マイクロソフト、OneDriveのフォルダに2要素認証を設定可能に

マイクロソフトは、OneDriveに新たなセキュリティ機能を追加します。同社はOneDrive Personal Vaultという、2要素認証もしくはPINや生体認証でのロックを掛けたセキュリティフォルダ機能を発表しました。

もしこのセキュリティフォルダ内にファイルを入れた場合、PCやWebの画面を通してこのファイルにアクセスする際に認証を求められることになります。Windows 10では、OneDriveのPersonal Vaultと同期するローカルのディスク領域をBitLockerで暗号化するとしています。

同社は、全てのOneDriveファイルはクラウドにアップロードする際やデバイスに転送するときなどに暗号化されているとしています。この暗号化の解除にもう1ステップ必要とするのが、Personal Vault機能ということです。同フォルダ内のファイルにアクセスしてからしばらく時間がたつと、再びロックされるとしています。Web版からアクセスした際には同フォルダ内のファイルがブラウザにキャッシュされることはありません。

Personal Vaultを利用できるファイルサイズに特に制限はありません。同機能はまずオーストラリア、ニュージーランド、カナダに提供され、年末までに全世界で利用できるようになる見込みです。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら