サムスン、iPhone向けOLEDパネルの調達でアップルに罰金を要求?

An Apple Inc. logo sits on display outside the company's store at the Odysseum shopping center in Montpellier, France, on Wednesday, Dec. 4, 2013. The euro area's nascent economic recovery lost momentum in the third quarter as growth in Germany slowed and France's economy unexpectedly contracted. Photographer: Balint Porneczi/Bloomberg

アップルは、2〜3年前からiPhone向け有機EL(OLED)ディスプレイを採用していますが、多くの人が、他のApple製品にもOLEDパネルの採用を期待しているかもしれません。

韓国からの報道によると、アップルはタブレットやノートブック向けにOLEDパネルを採用する可能性があるとしています。

アップルは、サムスンディスプレイからiPhone向けOLEDパネルを購入しています。記事によると、アップルはiPhone向けOLEDパネルを想定よりも少なくしか購入しておらず、サムスンディスプレイは、アップルに対して罰金を支払うように求めています。ここで、アップルはもう一つの選択肢を提示しようとしています。

記事では、罰金を支払う代わりに、アップルのタブレットやノートブックなど他のデバイス向けにOLEDパネルを購入するとしています。この事件が収束するのであれば、それはiPadやMacBookにOLEDパネルが採用されることを意味します。

ここで注目しておきたいのは、両社が罰金をめぐる意見の相違を解決するために検討している選択肢の一つであることです。実際に発動するかはまた別の話ですが、現時点で、AppleがOLEDベースのiPadやMacBookを開発しているという噂はありません。

編集部が日本向けに翻訳編集したものです

原文はこちら