iPhoneの5G対応モデル、全機種対応は2021年から? 2020年は6.7インチモデルのみ

Appleは2020年に初めて、5Gをサポートする最初のiPhoneを発売するとみられています。

時間をかけて5G対応スマホの完成度を高めていく、という戦略のようですが、いくつかのAndroidメーカーはすでに5Gスマートフォンをすでに市場へ投入しています。Appleとしては、5Gネットワ​​ークの普及が進むのを待つつもりなのでしょうか、新しいレポートでは、Appleの最初の5G iPhoneは2020年にリリースされるものの、2021年まで全機種対応はお預けのようです。

有名なAppleのアナリストであるMing-Chi Kuo氏は、来年はiPhoneのハイエンドモデルだけが5Gサポートを提供すると報じています。iPhoneは毎年後半にリリースされるため、5Gのエリアカバー率は同じ2020年でもかなり改善するとみられます。

Kuo氏はまた、Appleが2021年から標準で5G接続をサポートするすべてのiPhoneの販売を開始すると予測しています。さらに、Appleは2022/2023年までに、独自の5Gモデムを搭載したiPhoneを発表するかもしれないようです。

彼はまた、Appleは毎年3つの新しいiPhoneモデルをリリースし続けると予測しています。2020年に5Gをサポートするハイエンドモデルは、今よりさらに大きくなる6.7インチのOLEDモデル、この情報だけでもなかなかインパクトありますけどね。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら