iPhone 11ではついにLightning端子からUSB-Cへ移行か

2018年に発表されたiPad Proは特にある一点が従来からの大きな変更でした。つまり、Lightning端子からUSB-C端子への変更です。MacBookがUSB-CとThunderboltのみの搭載になっていることを考えれば、それほど不思議ではないといえなくもないのですが、iOSデバイスがLightning端子の採用を辞めたのは大きな転換点といえるでしょう。

すると次の関心は、iPhoneの端子はどうなるかということです。iOS 13のベータ版を試しているユーザーのツイートによると、どうやら19年発表のiPhoneからUSB-Cに変わる可能性が高そうです。

このユーザーが投稿した画像を見ると、スマートフォン上に表示されているケーブルの端子はLightning端子ではなくUSB-Cであるように見えます。しかし、逆の立場の見方をすれば、これはPCにつなぐ側の端子がUSB-Cであるというだけに見えるといえなくもありません。

いずれにせよ、iOSデバイスの統一的なUXを保つのであればiPhoneの端子もUSB-Cになるのは時間の問題でしょう。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら