一部のAndroidスマホにマルウェアがプリインストールされている──Google認める

スマートフォンを狙ったマルウェアは今に始まった話ではありませんが、基本的には怪しげなWebサイトや非公式なアプリストアを避ければ感染する心配はないもの、のはずでした。

しかし、ダウンロードにさえ気を付けていればいいのは過去の話のようです。Googleは最近、一部のAndroidデバイスがマルウェアをプリインストールしていることを認めました。

今年初め、Triadaと呼ばれるトロイの木馬が多くのAndroidから見つかりました。Googleは、一部のAndroidデバイスがサプライチェーン攻撃によってこのマルウェアに感染したとしています。

これはつまり、ユーザーは気付かぬままにマルウェアに感染したAndroidスマートフォンを購入し、そのスマホを利用するたびにハッカーにデータを盗み見られたり、遠隔でコードを実行されたりする恐れがあるということです。

Googleは感染したOEMメーカーとともに、OTAアップデートでマルウェアとバックドアの削除に取り組んでるとしています。現在のところ、実際に何台がマルウェアの影響を受けているのかはっきりしていません。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら