iPhone、関税合戦の影響でさらに14%値上げの可能性も – アナリスト予測

フラッグシップベースのモデルが1,000ドルで販売されているiPhoneですが、最も過酷なAppleファンでさえもさらなる値上げには耐えられなくなるかもしれません。これらの価格では、毎年、または隔年で新しいスマートフォンを購入することを正当化することは非常に困難になりつつあります。しかしAppleに価格を抑制することを望んでいた場合、あなたは失望するかもしれません。

JP Morganのアナリストによると、彼らはAppleが将来のiPhoneの価格を最大14%まで引き上げる可能性があるとしています。これは、ドナルド・トランプ米大統領が中国からの商品に課す可能性がある関税を相殺するための措置。iPhoneは主に米国外で製造されているため、これらの課税が、Appleに大きな影響を与える可能性があるためです。

そのクライアントに送信されたノートでは、JPモルガンは、書いた「私たちは周りの14%の価格上昇は、サプライチェーンのすべてのプレーヤーのためのマージンを維持し、25%の関税の衝撃を吸収するために値上げを予定すると推定している」ようです。

興味深いことに同社はまた、消費者に税金を転嫁する代わりに、Apple自身がそれを吸収しようとしている可能性もあると考えているようだ。これは、同社が次のiPhoneに追加で140ドル値上げすることにいらだちを覚えた消費者を失うよりも、利益率を失うリスクのほうが低いと考えているためです。

加えて、Appleはおそらくその高価なiPhoneが彼らがそうするべきであるほど売れていないことを知っています。最近の報告によれば、廉価モデルのiPhone XRは、はるかに良い販売成果を上げていることが明らかになっています。つまり、将来のiPhoneの価格を引き上げても、長期的に見ても有利にはならないでしょう。いずれにせよ、新モデルまでしばらくかかるiPhone。その頃までに関税の泥仕合が収まっているといいんですが。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら