ボーイング737 Maxが空を飛ぶのはまだまだ先

737MAX; 737; Boeing; 737MAX first flight; air to air; K66500-05

ボーイング737 Maxが、わずか5ヶ月の間隔で2回も墜落してしまった後、世界中で接地管理されてきました。またボーイング社はボーイング737 Maxの問題を、ソフトウェアアップデートで解消したとも発表しています。ボーイングがすべての準備を整えているように見えますが、飛行機が再び空に行くことができるようになるまでにはしばらくかかるかもしれません。Boeing 737 Maxの更新プログラム修正は、アメリカ連邦航空局(FAA)による承認を受けて、最低でも数週間経たないと飛べないようです。

FAAは声明の中で、今後数週間でBoeingのソフトウェア強化に関する最終パッケージを受け取ることを期待していると述べた。737 Maxの飛行制御システムの継続的な見直しの結果として、ボーイングによる追加作業に時間がかかることが付け加えられます。つまり、ボーイング側の申請だけでは不十分な問題があったと見られます。

これは、会社がすべての関連問題を特定し適切に対処したことを確認するためです。FAAはボーイングから提出が完了した後、代理店に提出された後に「厳格な安全審査」を実施する予定です。それは、FAAがその作業に満足するまで、ソフトウェア修正はインストールを承認されないことを意味します。

それまで、すべてのボーイング737 Maxは世界中で接地管理されたままになります。ライオン航空とエチオピア航空の墜落事故の調査は続いていますが、予備調査の結果、MCASの飛行制御システムが両方の事件の原因であった可能性があることが示唆されています。どちらの場合も正式な報告はまだ提出されていません。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら