事故があったボーイング737 Max、ソフトウェアアップデートだけで問題解決?

737MAX; 737; Boeing; 737MAX first flight; air to air; K66500-05

ボーイングは数週間前、そのわずか5ヶ月前に起きた墜落事故の二の舞を演じました。そしてその当事者となっている機体「ボーイング737 Max」に対して、ソフトウェアアップデートによる修正を施すようです。以前から、飛行機の安全性能を改善するための最新ソフトウェアを提供するとしていましたが、これがようやく実現する形です。

修正プログラムは、Maneuvering Characteristics Augmentation System (MCAS) に関するものです。これは737 Maxから採用された最新システムで、パイロットをサポートするものです。システムが動作するには、1つのセンサーからのデータに基づいてアクティブ化するのではなく、両方の迎え角センサーからのデータを必要とします。5.5度以上の両方のセンサー間に不一致があると、システムは作動しません。そもそも、約半年前の事故の後にMCASに不具合があるのでは、と言われていたことから、パイロットはこの機能を使用せずにいた可能性もあります。

新しいシステムについて、パイロットに提供されるトレーニングについての質問もありました。ボーイングはパイロットがMCASシステムをよりよく理解し、それがキックインしたときにどう反応するかを教えるのを助ける新しいPCベースのトレーニングプログラムを開発しました。以前は航空会社に対してオプションとして販売していたものの、無償で提供することとなります。

連邦航空局はこの修正プログラムの承認に時間を割いており、その後航空会社が各飛行機にそれをインストール、さらにパイロットに対する訓練、加えて乗組員の訓練と、かなりの時間がかかると予想されています。さらに言えば、ボーイング737 Maxが再び空に行くことを許可する前に、海外の航空会社と規制当局が、彼ら自身によるテストも実行されるはずです。現時点では、737 Maxはすべて世界中で据え置かれたままです。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら