今年のiPhone、さらに巨大化へ。XS後継も6.1インチ+トリプルカメラを搭載か

新しいiPhoneは、昨年のうちからiPhone XR、iPhone XS、およびiPhone XS Maxの後継機になるだろうと噂されていました。しかし、Macお宝鑑定団の新しいレポートによれば、有機ELを搭載するメインのXS/XS Maxの後継機種が6.1インチと6.5インチの有機ELディスプレイ搭載となり、トリプルカメラにも対応する模様です。

同サイトは、中国のサプライチェーン筋の話として、これら2つの新しいiPhoneモデルがトリプルカメラを念頭に置いて設計されていると報告しています。カメラのレンズやセンサーサイズがさらに大きくなり、史上最大のiPhoneになる可能性があるとみられます。これは、iPhoneのカメラ性能の向上に、少なくともハードウェアの面で改善をもたらすはずです。

また、カメラのサイズが大きくなるものの、端末全体の厚みはやや厚くなります。実際には、カメラモジュール以外のシャーシを薄くするため、そこまで厚みを感じることはないとみられます。iPhone XSが大型化して6.1インチと、現在6.1インチで販売されているXRと同じサイズとなりますが、有機ELディスプレイの採用などで実際の大きさは異なると見られます。

また、Macお宝鑑定団は、今回もLightningが継続するとみている一方で、付属のケーブルと電源アダプタはUSB Type-C対応のものに変更するとしています。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら