Windows 10、USBメモリを取り外す時に「そのまま抜いてOK」に

もし、WindowsでUSBメモリを使っているとき、急に取り外すと警告メッセージが出てしまうため、多くの人は「ハードウェアを安全に取り外す」機能を使ってUSBを引き抜いているでしょう。これは、いきなり取り外した際に転送中のデータにエラーが生じてしまう可能性があったためです。

これは理にかなっていましたが、少し煩わしさがあったのも事実です。しかし、マイクロソフトによると、Windows 10では今後「ハードウェアを安全に取り外す」を強要することはなくなると言います。詳細については、同社の「クイック削除」と呼ばれる機能を紹介するウェブサイトに掲載されていました。

マイクロソフトによると、「このポリシーは、ストレージ管理において、デバイスをいつでも取り外せるように準備するためのものです。あなたは、安全にハードウェアを取り外すプロセスを使わなくとも、デバイスを取り外すことができます。しかし、これによってWindowsはディスク書き込みの作業時のキャッシュを保持できなくなり、パフォーマンスの低下につながる恐れがあります」としています。

同社では、Windows 10に接続されたすべてのUSBデバイスすべてが「クイック削除」に対応するとしていますが、もしこれまでの方法を試すのであれば、プロパティから「パフォーマンスを改善する」を選択することで、「ハードウェアを安全に取り外す」を利用することができます。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら