5G対応iPhoneは2021年まで登場しない模様

今年のアメリカや韓国での5G通信サービス開始に対し、Androidスマートフォンメーカー各社は5G対応に力を入れています。Appleは2020年に5G対応のiPhoneを発売するという計画でした。しかし、最新の情報ではどうやらこれよりも遅れそうな気配が漂ってきました。

UBSアナリストのTimothy Arcuri氏によれば、5G対応iPhoneは2021年に出るだろうとのこと。これは5G通信のチップセットの調達が困難だということなど、複数の理由があるようです。理由のひとつは、Appleが訴訟でQualcommと争っている問題で、iPhoneにはQualcommのチップが現在全く使われていないということがあります。

つまり、Appleは5GチップセットのサプライヤーにQualcommを選べません。そして、他社で5Gチップセットの製造となるとインテルになりますが、Arcuri氏は「インテルが2020年中に5Gチップセットを用意できるとは思っていない」といいます。

他のメーカーではサムスンやMediaTekも挙げられますが「ないだろう」(Arcuri氏)とのこと。これらの状況から、2020年中にAppleが5Gチップセットを調達し、iPhoneに搭載するのは難しそうです。

ちなみに、AppleはiPhoneのLTE対応でも他社に遅れを取っていました。iPhoneユーザーが5Gを利用できるのは、Androidユーザーに比べてちょっと先になることは覚悟しておいた方が良さそうです。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら