GoogleのURL短縮サービス、ほぼ終焉。過去のリンクは使えます

グーグルは2009年12月、約10年前に公式のリンク短縮サービスを開始しました。リンク短縮はグーグルツールバーとフィードリーダーと共に使用されていましたが、リンク短縮サービスの必要性はここ数年で減少しているため、Googleがサービスを無効にすることを決めたのはある意味当然のことです。

Goog.glは、2018年5月から新規ユーザーには使用できなくなりました。そして永久に閉鎖するもあわせて発表、既存のユーザーはそれ以上新規リンクを生成できなくなります。goo.glコンソール上においては、既存ユーザーだけが短いリンクを作成でき、2019年3月30日まで、ユーザーは自分の分析データを表示、csv形式でそのデータをダウンロードできるようになっていたんです。

なお、サービスが終了しても、以前に作成されたリンクには影響を及ぼしません。リンクは以前と変わらず、設定したいとしたリンク先にリダイレクトし続けます。ですから、過去にgoo.glを頻繁に使ってリンクを短くしたことがあっても、このシャットダウンによってリンクが壊れることはありません。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら