新AirPods発表 長時間駆動とワイヤレス充電が可能に

AppleのAirPodsは2016年に発売されて以来、同社は数年間ほったらかしにしていましたが、ようやく新モデルの登場です。

まずデザインについて見ると、前モデルとほぼ一緒。以前から出ていた噂の中には黒モデルが発売されるといった話もありましたが、今回それはないようです。

もしかしたら今後カラーオプションに関してはアップデートがあるかもしれませんが、現在のところは白一色のみです。

というわけで見た目は新しくともなんともないところではありますが、Appleは内部の機能改善をがんばりました。例えば、新しいH1チップをイヤフォン向けに設計したといいます。この新しいH1チップにより、デバイスとの接続が速くなったり、バッテリー駆動時間が伸びたり、ハンズフリーで「Hey, Siri」ができるようになったりします。

以前のW1チップも十分素晴らしいものだったため、ここからどれほど進化しているかは実物を待って確認したいですね。

新しいAirPodsのケースにはワイヤレス充電に対応するものもあるため、AirPowerのようなワイヤレス充電マットに置くだけで充電できるようになります。まあ、相変わらずAirPowerの音沙汰はありませんけど。ワイヤレス充電ケースは初代AirPodsでも利用可能で、初代ユーザー向けにケースのみでも販売するとしています。

新AirPodsはワイヤレス充電ケース付きのモデルが22800円(税別)、通常ケース付きモデルが17800円(税別)で、ワイヤレス充電ケースのみで8800円(税別)となります。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら