Appleの次期完全ワイヤレスイヤホン「AirPods 2」がヤバい、15分で充電完了

Appleの完全ワイヤレスイヤホン「AirPods」のサイズを考えると、それに含まれるバッテリーはかなり小さいことは想像に難くないでしょう。これはフル充電しても、電話やタブレット、またはノートPCと比較して時間がかからないことを意味します。現在、AirPodsを15分充電した場合、3時間の再生時間となっています。

しかし、Max WeinbachがTwitterに投稿した話によれば、AirPods 2はさらに早い充電を可能にするようです。同氏によれば、新しいAirPodsは15分という短い期間で100%まで充電できます。これが本当であれば、かなり重要なアップグレードと言えるでしょう。

さらに信じられないことに、AirPods 2はワイヤレス充電によって15分充電、100%完了を実現するとのこと。私たちは、AppleがAirPodsのワイヤレス充電ケースに取り組んできたことを知っているため、そのことは取り立ててニュースではないと考えています。しかも、ワイヤレス充電は有線に比べて遅いことが知られているわけですから、AirPods 2がワイヤレス充電を使用しているにも関わらず、従来より早く充電されるという事実は、やや眉唾ものです。

AppleのAirPower charging matは、いまだ発売されておらず、遅延したままですが、恐らくこれが最善のワイヤレス充電機となると見られます。AirPods 2 はそう遠くないタイミングで発表されると言われているため、初代AirPodsを検討してる方は、延期するのも一考でしょう。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら