音沙汰がなかったアップルのワイヤレス充電器「AirPower」実は生産中?

Appleのワイヤレス充電器「AirPower」は、もともと2017年に発表され2018年のリリースを予定していましたが、いまだに音沙汰がありません。しかし、ChargerLabのツイートによると、デバイスの製造はすでにLuxshare Precisionによって進行中であり、2019年には発売される可能性があるといいます。

Luxshare Precisionは、AppleのAirPodsおよびUSB-C充電ケーブルの製造元でもあることが指摘されており、Appleとは提携関係にあります。もちろん、このツイートが正しいかどうかはまだわかりませんが、AppleがAirPowerに関して抱えていた問題は解決されていると主張していた報告からも信ぴょう性があります。

Appleは長い間AirPowerについての情報公開を拒否していたので、これまでの話はすべて噂に基づいています。ただし、これらの噂の中にもデバイスの販売が長く遅れている理由として理にかなっているのもあります。AppleはAirPowerの計画が野心的すぎて機器の過熱につながり、これが遅れの主な理由の1つだったと主張する人もいました。

AirPowerが通常のワイヤレス充電マットと比べてどれほど性能が異なるのかは不明ですし、価格も気になります。Appleは年の早い時期のイベントで製品のアップデートを発表することもあるので、おそらくそこでAirPowerの発売時期も発表される可能性があるでしょう。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら