MacのCPU、2020年にはアップルが開発したARMコアに乗り換えか

これまで、アップルがMacで使用しているIntel製CPUを、自社開発したARMベースのCPUにシフトする可能性があるとする噂がいくつか出てきました。Appleが自社開発のハードウェアがメインであることを考えると、驚くことではなく、2020年にはこの噂が実を結ぶようになるかもしれません。

これはAxios(9to5Mac経由)からの報告によるもので、数名の開発者や、アップルが来年早々に移行するかもしれないとするインテル関係者からもヒアリングしたと主張しています。このレポートは、著名なアップルアナリストのMing-Chi Kuo氏が昨年末に出したもので、アップルのARMベースのコンピュータは2020年または2021年に発売できるとしています。

これが本当であれば、ARM製CPUがインテル製CPUにどれだけパフォーマンスで勝てるか気になるところです。iPhoneの頭脳であるAシリーズのチップセットは、ベンチマークでデスクトップのパフォーマンスにかなり近づいてることが証明されています。より多くの作業と調整ができれば、インテル製CPUよりも優れたパフォーマンスが得られるかもしれません。

当面の間、この噂は話半分で聞いておくのが良いでしょう。アップルがARMベースのMacをデビューさせるまで、まだしばらく待つ必要があります。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら