LG G8 ThinQには3D「光飛行時間測定」センサーが搭載される

LGは、バルセロナで行われるMWC 2019で新しいフラグシップスマートフォンを発表することを明らかにしました。新しいフラグシップとなるLG G8 ThinQには、顔認識の改善のために3D Time-of-Flightセンサーを搭載するといいます。

LGはInfineon Tecjnologiesと共同で、LG G8に搭載するREAL3イメージセンサーチップを開発しました。同社はこの新しいチップが「スマートフォンのフロントカメラを新しいレベルへ引き上げるだろう」としています。

Time-of-Flightセンサーは赤外線を用い、顔認識のために物体の3Dモデルを作成します。その他の3D技術では、カメラレンズから物体までの距離を複雑なアルゴリズムを計算することで割り出しています。つまり、ToFセンサーを搭載することで、顔認識の際により少ない計算力で済むということです。

このセンサーによる深度測定能力を用いて、よりきれいなセルフィーを撮ることもできます。LG G8にはより良いボケ効果が搭載されることが期待できます。また、VRやARにとってもToFセンサーがあることはありがたいことです。

LG G8のリークされたレンダリング画像を見ると、ノッチディスプレイのようです。同社は、2月25日に始まるMWC 2019でこの詳細を明かすことでしょう。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら