LGはもう「6G」の研究開発を始めようとしている

5Gは今年開始される予定で、世界中で新しい標準規格になるまでにはおそらく数年かかるでしょう。これは、4Gと同じように、5Gがおそらく6Gに置き換わる時期が到来することも意味しており、LGはすでにその技術の研究を開始するようです。

PhoneArenaによると、同社はKAISTと共同で韓国に6G研究センターを設立すると発表しました。5Gスマートフォンがまだ市場に出回っていないため、6Gの研究を始めるのは時期尚早のように思えますが、LGは6Gを先取りしたいようです。

チョ・ドンホー教授によると、「韓国の移動通信技術の競争力を向上させ、6G移動通信技術開発の開始から10年後には将来の産業に成長させることが重要です」と述べています。LGは、他社よりも早く6Gの電車を利用して競争力を維持したい考えです。

6Gがどのような変化をもたらすのかを知るためには、まだ早すぎるのは明らかです。現状では、5Gができることについて調査が進んでいる状況であり、6Gの研究はおそらくかなり後になるでしょう。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら