一部のMacBook Proの液晶パネルに不具合があるとiFixitが指摘

MacBook Proは、コンパクトなだけでなく外出先でもビデオ編集ができるパフォーマンスを持っていると言う点で、アップルの最高峰のノートブック製品です。つまり、その分高価であり、プレミアムグレードの性能を手に入れるには、対価が必要になります。

残念なことに、MacBook Proのオーナーの一部には、液晶ディスプレイにバックライトの問題が発生していると報告している人はほとんどいません。この不具合は、2016年モデルまでさかのぼり 最近のMacBook Proにも影響があるように見えます。まだAppleは対処しておらず、当面の間、問題になる可能性もある。

ブログでこの問題を指摘したiFixitによると、壊れやすいフレキシブルケーブルが原因である可能性があるとしています。 「当初デビューしたときは、設計は問題なさそうに見えましたが、徐々に悪魔が姿を現してきました。Appleは、以前の設計で使用されていた太いケーブルを通したヒンジと異なり、薄くて華奢なフレキシブルケーブルをヒンジに巻きついて配線できるようになったため、開閉時のケーブルにかかる負担を軽減できるようになった」としています。

問題が顕在化するまでにはしばらく時間がかかることがあるため、最終的には問題となった場合にMacBook Proが保証期間外になり、600ドルの修理代がかかる可能性があることです。いまのところ、AppleCare +のおかげで無料修理や低コストで済んだユーザーもいれば。全額支払うように依頼されたユーザーもいるといいます。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文は