電池切れしないスマートウォッチ「Matrix PowerWatch」の新作はソーラーも使う

スマートウォッチを身に付けたくないという理由の一つはバッテリーでしょう。通常の時計では、毎日や毎週充電する必要はなく、時計が昼間に電池切れになって時間すら見れなくなるようなことにもなりません。

スマートウォッチには興味あるけれど、バッテリーが不安だなと思う方にとって非常に価値がありそうなのが、Matrixが発表した最新スマートウォッチをチェックした方が良さそうです。Matrixのセールスポイントは、「電池で動かない時計」ということ。同社はこれまで、人間の体温と気温の差を使って発言するモデルを2つ発表していますが、今回の最新モデルでは、体温発電にソーラーを加えることで、さらなる機能追加を実現しています。

太陽電池はスマートウォッチのディスプレイの下に搭載されています。一日中部屋にいない限り、太陽からエネルギーを抽出して機器に電力を送るのには十分なはずです。スマートウォッチ自体は、心拍数の監視、GPSなどかなり標準的なものですが、これまでモノクロだったディスプレイはフルカラー化されました。

Matrix PowerWatch 2はIndiegogoで発売されました。ここであなたがあなたのサポートを約束する気にしないのであれば、200ドルで購入することができるでしょう。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら