Apple IDがロックされる事案が複数発生中

9to5Macは、iOSユーザーのうちの少なくない人たちが、突然Apple IDをロックされてしまっていると伝えています。自身のアカウントを失う、あるいは盗まれたかどうかを心配する前に、自身の認証用の電話番号とともに設定した自身のセキュリティ用の質問に答えれば、再びアクセスできるようになるようです。

9to5Macは、この後にパスワードをリセットするように要求されるだろうといいます。Apple IDがロックされてしまう理由はさまざまなものが考えられます。例えば間違ったパスワードを何度も入力するなどです。Apple IDをアップデートする設定画面に入ると、パスワードの再入力を要求されます。そのため、なぜ多くのユーザーが突然ロック状態になってしまったのか、原因は判然としません。

もし、自身がこの現象の影響を受けているかどうか知りたければ、簡単に分かる方法があります。要するに、「ロックされました」という通知が出てきているかどうかです。

Appleは本件について公式なコメントを出していません。しかしおそらくは、何者かがApple IDにブルートフォースアタックを仕掛けているものと考えられます。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら