サムスンの次期スマホ「Galaxy S10」には安価なモデルが登場する?

サムスンのGalaxy Sシリーズは、同社の主力ラインナップのひとつです。フラッグシップスマートフォンは、基本的に安くはありませんが、サムスンは来年、3種類のGalaxy S10を発売することで、安価なモデルも提供するかもしれません。

Bloombergのレポートによると、「標準的」なGalaxy S10にはカーブした画面があり、さらに大きなバージョンの「Galaxy S10 Plus」、さらに安価な「Galaxy S10」があると主張しています。安価なモデルには、カーブディスプレイとそれに内蔵された指紋センサーが省略されるようです。

これには聞き覚えがあるかもしれません。なぜなら、今年のAppleは同様の戦略を採用しており、よりハイエンドなiPhone XsとXs Maxを発表しています。iPhone XRは、新しいiPhoneが欲しくても、すべての機能が必要ない人にとって、より手頃に入手できるiPhoneとなりました。

Galaxy S10の“安価な亜種”がどれほど安くなるかは正確には分かりませんが、おそらく2019年まで待つ必要があります。スマートフォンメーカーが端末に1000ドル以上の値付けをする昨今、安価なフラッグシップモデルで顧客にアピールし始めているようです。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら