ついにナイキまで、eSports選手とスポンサー契約へ

ナイキやプーマ、アシックス、アディダスといったスポーツ用品メーカーは、ブランドを認知拡大させるために、サッカー選手や野球選手、テニス選手など、伝統的なスポーツの選手とスポンサー契約を結んできました。しかしついに、eSportsアスリートと彼らが契約する時代が来たのです。

SportsProの報告によれば、ナイキはLeague of LegendsのプレイヤーJian Zihao氏と契約を結びました。この契約では、バスケットボールの世界的プレイヤーLeBron Jamesと「Dribble &」キャンペーンを進めるというもの。IGNによれば、Zihao氏はxナイキと契約を結んだ初めてのeSportsアスリートのようです。

eSportsは現在、全世界で賞金が数百万ドル(数億円)レベルまで上がっています。また、一部ゲームには奨学金を提供する大学もあるようです。また、現時点では決まっていないものの、オリンピック委員会がeSportsをスポーツの一環として捉えつつあり、オリンピック競技の一つとして取り上げられる可能性があるとみられています。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら