サムスンの新VRヘッドセット「HMD Odyssey+」 1233ppiの高密度ディスプレイ

サムスンは10月22日、VRヘッドセットの新モデル「HMD Odyssey+」を発表しました。同社が以前から販売してるHMD OdysseyはWindows Mixed Reality向けのベストなVRヘッドセットのひとつですが、それをさらに改善したバージョンになります。

いくつかのマイナーアップグレードで、ユーザーエクスペリエンスを改善したといいます。ディスプレイにアンチ・スクリーン・ドア・エフェクトという技術を搭載したことで、VR酔いを軽減できるとしています。

この技術により、VRヘッドセットでしばしば感じられる映像のつぶつぶ感を軽減できるといいます。両目に対し3.5インチ1440×1600ピクセルの有機ELディスプレイを搭載しているのは、従来機種から変わりませんが、目の部分の空間をより大きくすることでディスプレイの曇りを防ぎます。同技術により、ピクセル間の隙間が埋まり、従来機種では616ppiだった画素密度がOdyssey+では1233ppiとなります。

この改善で、VRプレイ中のめまいや吐き気を抑制できるといいます。新しい瞳孔間距離の調整ホイールでユーザーは自分好みに調整できるようになります。

こうした改善はありつつも、AKGによるヘッドフォンや6DoFトラッキングといった主要な機能もしっかりと維持しています。

HMD Odyssey+は米国サムスンの公式サイトとマイクロソフトストアで、499ドルで販売しています。日本への投入は現在のところ不明。

編集部が日本向けに翻訳編集したものです

原文はこちら