iPhoneは2019年になってもディスプレイ内蔵指紋認証は搭載しない?

最近のiPhoneで噂になっている新機能は、ディスプレイ内指紋認証センサーの搭載です。一方でAppleはホームボタンを廃止し、Face IDという顔認識システムを提供しています。依然としてiPhoneにディスプレイ内指紋認証を搭載してほしいという声もありますが、どうやらその願いは叶わなそうです。

アナリストのMing-Chi Kuoによれば、2019年のiPhoneもディスプレイ内指紋認証センサーを搭載することはないということです。Kuoは、AppleはFace IDを今後もiPhoneやその他のデバイスのメインのセキュリティとして提供し続けるだろうと述べています。

興味深いのは、AppleがあくまでFace IDで行こうとする中、Androidの製造メーカーはディスプレイ内指紋認証センサーの搭載を模索しており、Appleと差別化してきていることです。

これまでのところ、例えばVivoがCES 2018でディスプレイ内センサーをデモンストレーションしていました。その指紋認証センサーは正常に動いていましたが、以前からあるものに比べればやや遅い動作をしていました。

今年のiPadも、ホームボタンを廃止Face IDのみとなると噂されており、しばらくAppleのデバイスに指紋認証が来ることは期待できなさそうです。

編集部が日本向けに翻訳編集したものです

原文はこちら