新iPad Proは端子がUSB Type-Cになる模様

Appleはこれまで、モバイルデバイスには一貫してLightning端子を搭載してきました。しかしいまや、Apple以外のメーカーではUSB Type-Cを搭載する流れがあり、これがスタンダードになりつつあります。Appleファンにとっては信じ難いことですが、新しい予測では、新しいiPad ProにはLightningではなくUSB Type-Cが搭載されるとしています。

信頼できるAppleアナリストのMing-Chi Kuo氏は、新iPad Proはよりベゼルがスリムになり、Face IDを搭載するだろうと述べています。また、ハイエンドのiPad ProはUSB Type-Cを搭載するともいうのです。

新iPadから搭載されなくなる端子は、Lightningだけではありません。ヘッドフォンジャックも搭載されなくなるといいます。しかし、AppleがLightningからUSB Type-Cへ移行しきれていない現状を見るに、新iPad Proがそのような仕様になるとしても、Lightning to USB Type-C変換ケーブルとUSB Type-Cチャージャーを同梱するのかもしれません。

Kuo氏は、この端子変更の可能性は高いと見ていますが、本当にそうなるかはまだ分かりません。もしかすると、12日深夜のiPhoneイベントで言及があるかもしれませんね。

編集部が日本向けに翻訳編集したものです

原文はこちら