iPhone X売れず──今年のiPhone販売台数、大部分が液晶ディスプレイ機種となる見通し

    2018 LCD iPhoneがiPhone販売の大部分を補う事を期待

    噂によると、Apple社はまだ有機ELディスプレイへの完全な移行は行わないかもしれません。今年はまだLCDモデルを発売すると期待されています。液晶ディスプレイに比べ、有機ELの利点はたくさんあります。すぐに挙げられる大きな違いは、色と彩度の表現に優れるということです。

    これは有機ELを採用したiPhone Xのセールスポイントの1つでしたが、明らかなメリットがあるにもかかわらず、The Wall Street Journal誌の報告によれば、アナリストたちは液晶ディスプレイを搭載するiPhoneが今年のiPhone販売台数の大半を占めると考えているようです。

    これは、液晶ディスプレイのiPhoneが有機ELディスプレイモデルよりも安いと予想されるためです。 液晶ディスプレイ搭載iPhoneがいくつかの機能を省く可能性があるという噂があり、さらに安価になる可能性もあります。

    結局のところ、多くの人がiPhone Xの1000ドルという価格を敬遠していましたが、すぐにApple社が価格を落とすかは疑問です。Apple社は9月に新しいiPhoneを発表する予定で、報告が正確なら少なくとも3つの新しいモデルが期待できます。価格については、様子見が必要でしょう。

    編集部が日本向けに翻訳編集したものです

    原文はこちら