iPhone 11 Proのマルチカメラ撮影、iPhone XSやXRでも使えるようになる?

アップルの新しいiPhone 11 Proで特徴的な機能の一つが、アプリ開発企業であるFilmic Proの動画アプリが披露した、iPhoneが持つ複数のカメラで同時に録画できるというものです。これは、フロントカメラとリアカメラを同時にキャプチャできることを意味します。

また、デモではiPhoneのウルトラワイドレンズと標準レンズでも同時に録画できており、これは編集や録画プロセスがより簡単になることを意味します。今回、良いニュースとしては、旧モデルのiPhoneユーザーも同様の機能が使えるようになるとのことです。

これは、iPhone XSとiPhone XS Max、iPhone XRユーザーであれば、iOS 13での実装が期待できるようです。2018年モデルのiPad Proでも実現できるでしょう。アップルによると、この機能は、2018年モデルから施されているハードウェアの改良の一環で実現したものとしており、より前のモデルでマルチカメラ機能が利用できない理由としています。

なぜなら、マルチカメラ撮影はプロセッシングパワーを非常に使うため、古いiPhoneの場合はカメラコンビネーションで制限が出てもおかしくありません。これは注目すべきことです。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら