iPhone 11のポートレートモードは物体とペットを認識できる

iPhone XRと、X、XS、XS Maxの違いを振り返ると、LCDとOLED、シングルカメラとデュアルカメラなどといった違いがありました。ソフトウェアについても、例えばXSなどではポートレートモードで物体やペットを認識できていましたが、XRはできませんでした。

そんな中、MacRumorsによると、XRの後継であるiPhone 11はポートレートモードでペットや物体を認識できるようになったと伝えています。iPhone 11の公式サイトの説明には「新たな種類のポートレートとより緻密な光のコントロールで、iPhone 11のデュアルカメラは素晴らしい写真を創造します。そしてポートレートモードはあなたが撮影したい全てのもので動作します。それはあなたの親友やペットも含まれます」とあります。

Appleは、XRから比べるとiPhone 11には多くの改善を加えています。例えばカメラはシングルからデュアルに進化して、去年のフラグシップモデルであるXSやXS Maxと同じカメラ数になっています。その上価格も去年より安価に。

iPhone XRは多くのコンシューマーに売れたモデルでした。そこからスペックが上がり、価格が下がったのですから、iPhone 11もきっと同様に売れるモデルになるのではないでしょうか。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら