サムスン、Galaxy Note 10+を公式サイトに誤って掲載

    サムスンはこれまで、Galaxy Noteシリーズを出すたびに微妙に違うモデルを出してきました。対するSシリーズはノーマル版とプラス版とはっきり分けていたのですが、サムスンが今年出すNote 10シリーズではプラス版が出ると予想されています。そして、同社は間違ってNote 10+の存在を公開してしまったようです。

    サムスンのルーマニアとスロバキアの公式サイトでNote 10+のサポートページと思われるものが公開されました。このページから得られる情報はあまり多くありませんが、少なくともストレージが512GBだということは分かり、さらにサムスンが「ハイブリッドSIM」と呼ぶ機能も搭載されることが分かりました。

    ハイブリッドSIMは想像するに、iPhone XSなどが搭載している物理SIMとeSIMのデュアル構成のことなのではないでしょうか。

    その他、予想されるスペックとしてはExynos 9820などありますが、そういった情報は確認できていません。正式発表の8月7日まで、後少しですね。

    この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

    原文はこちら