Twitter、有名人が発した有害なツイートを非表示に

Twitterは、有名人が発したツイートのうち有害と認められるものをタイムライン上で非表示にするようにしたと発表しました。コミュニティーガイドラインに違反するツイートを有名人がした場合、Twitterは該当ツイートを違反通知で隠すようにします。

同社は、この通知は政治家や認証済みアカウント、10万人以上のフォロワーがいるアカウントからのツイートにのみ適用されるとしています。

ツイートにガイドライン違反のフラグが立つと、Twitterチームはそのツイート内容が公共の利益の問題であるかを判断します。公共の利益に反すると判断した場合、該当ツイートはグレーのボックスで隠された状態になります。もしそのツイートを見たければ、クリックすることで見られるようになるということです。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら